これから税理士の資格を取得したいと思っている人もいるかと思いますが、実際にどのような資格なのか理解していますか? 理解しないまま資格を取得しても、使い道に困ってしまうので、予め把握しておいた方がいいですよ。 税理士(税理士としての業務に付随する範囲内であれね、社会保険労務士の業務の一部を行うこともできますし、行政書士登録をすることで行政書士業務を行うこともできるでしょう)というのは、税金(きちんと納めずに脱税すると、バレた時にたいへんなことになってしまうでしょう)の専門の方だと証明する資格です。 税金は非常にややこしいので、詳しく理解している一般人は少ないです。 しかし、自営業をしている人や会社を経営している人はそんなことはいってられません。 ただ、税金(きちんと納めずに脱税すると、バレた時にたいへんなことになってしまうでしょう)のことまで自分でするとなると非常に大変なので、そういった時に税理士(他人に依頼され、税務代理、税務書類の作成、税務相談、財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行などを行うというのが、税理士法で定められた税理士の主な仕事内容です)にお願いします。 そうすると、税理士が経営者の代わりに税金の対応をしてくれるという訳です。 そのため、会社員よりも経営者の方に馴染み深いという職業であり、資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)だといえます。 そして、税理士には、以下っぽい3つの独占業務があるんでしょうか。 ・税務代理 ・税務書類の作成 ・税務相談 簡単に説明すると、税務代理は税務署に確定申告(ネットで申告できるe−Taxは、運用されてから10年も経つそうです)書を提出するなどの業務のことで、税務書類の作成は確定申告書といった税に関する書類を作成する業務のことです。 そして、税務相談は税金についての相談に乗ったり、アドバイスすることをいいます。 この3つの業務は、税理士の資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)を持った人にしかできませんー